テセラ・テクノロジー株式会社

English
製品情報

R-IN32M3-ECコンパクト版評価キット(ルネサスエレクトロニクス製LSI「R-IN32M3シリーズ」搭載)
R-IN32M3-EC搭載コンパクト版評価ボード
TS-R-IN32M3-CEC / TS-R-IN32M3-CEC-E

TS-R-IN32M3-CEC TS-R-IN32M3-CEC
標準価格   ¥ 28,000 (税抜) 在庫限り

購入はこちら

チップワンストップでのご購入

概要

  • EtherCAT対応産業イーサネット通信用LSI搭載
  • 10Base-T/100Base-TX Ethernet PHY 2Ch内蔵
  • インターフェースを限定しコンパクト化を実現

仕様

製品型番 TS-R-IN32M3-CEC (国内向け)
TS-R-IN32M3-CEC-E(海外向け)
搭載LSI ルネサス エレクトロニクス製 「R-IN32M3-EC」 注1
ARM社Cortex™-M3 32bit RISC CPU+HW-RTOS(Hardware Real-Time OS) 
1.3Mバイト大容量RAM  動作周波数 100MHz
10Base-T/100Base-TX Ethernet PHY内蔵
搭載メモリ フラッシュメモリ(Serial)    32Mbit
EEPROM           16Kbit
インターフェース RJ45(Ethernet/EtherCAT)、 UART(USB)
デバッグ
インターフェース
20pinハーフ・ピッチ・コネクタ(トレース対応)
対応エミュレータ IARシステムズ(株) I-jet/JTAGjet
横河ディジタルコンピュータ(株) adviceLUNA
USBドライバ対応OS Windows XP(32bit版)/Windows 7(32bit版/64bit版)
電源供給 ACアダプタ 5.0V±5% 2A以上 (センタープラス)
動作周囲温度 0 ~ +70℃
寸法 W80mm × D58mm
適用規格  EC(EMC)
内容物 USBケーブル :1本
ACアダプタ :1個 注2
CD     :1枚(ユーザーズマニュアル、USBドライバ)

注1.「R-IN32M3-EC」LSIの詳細は、ルネサス エレクトロニクス社発行の関連ドキュメントを参照下さい。
注2.海外向けにはACアダプタは付属されません。お客様にてご用意願います。

カタログ、ユーザーズマニュアル、USBドライバ、リンク

カタログ

下記リンクよりカタログがダウンロードできます。

カタログ(日本語)TS-R-IN32M3-CEC評価キットカタログ日本語版

カタログ(英語) TS-R-IN32M3-CEC評価キットカタログ英語版


ユーザーズマニュアル

下記リンクよりユーザーズマニュアルがダウンロードできます。
ユーザーズマニュアルでは下記の内容を説明しております。

ハードウェア仕様
注)本ユーザーズマニュアルには回路図及び部品表の記載は有りません。
   回路図、部品表は製品に同梱しているCD-ROM内のユーザーズマニュアルに記載されています。

ユーザーズマニュアル(日本語)TS-R-IN32M3-CEC評価キットユーザーズマニュアル日本語版

ユーザーズマニュアル(英語) TS-R-IN32M3-CEC評価キットユーザーズマニュアル英語版


USBドライバ

下記リンク先よりお使いのOSに対応したUSBドライバがダウンロードできます。

USBドライバ


リンク

製品比較

TS-R-IN32M3-EC評価ボードとの比較

製品型番 TS-R-IN32M3-CEC TS-R-IN32M3-EC
標準価格(税抜) ¥28,000 ¥47,500
RJ45
10BASE-T/100BASE-TX
(Etdernet/EtderCAT)

(2Ch)

(2Ch)
外部メモリ Serial_Flash(32Mbit)
EEPROM   (16Kbit)
Serial_Flash  (32Mbit)
Parallel_Flash(32Mbit)
EEPROM      (16Kbit)
拡張コネクタ
(外部マイコン/外部メモリ)

※1
CSI
(1Ch) ※1

(2Ch)
I2C
(2Ch) ※1

(2Ch)
CAN
(1Ch)※2

(1Ch)
UART
(USBバーチャルCOM)
UART
※2

※3
GPIO
(DIP-SW)
×
(8Bit)
GPIO
(LED)

(8Bit)

(8Bit)
GPIO
(I/Oポート)

(8Bit)※1

(8Bitt)
CC-Link
(リモートデバイス局)
×
ASSPモード設定
(DIP-SW)

(8Bit)

(8Bit)
ICE(デバッグポート)

※1 コネクタを実装することで使用可能
※2 コネクタを実装し、外部にて周辺回路を実装することで使用可能
※3 部品未実装

ページ先頭へ