テセラ・テクノロジー株式会社

English
製品情報

マイコン評価KIT(ルネサス エレクトロニクス製 All Flash マイコン搭載)
TK-Expansion Board For 78K0R(応用ボード)

TK-Expansion Board For 78K0R
EXP-78K0RKG3(TK-78K0R/KG3付属)
 (販売終了)

IARシステムズ社製 ステートマシン設計ツール「visualSTATE」無料評価版付属「visualSTATE」の詳細はこちら

概要

  • 評価ボードTK-78K0R/KG3の機能を拡張し、応用動作を行うことが可能です。
  • 評価ボードと応用評価ボードがセットになっています。
  • 入出力デバイスが、動作可能な状態でセットされているため、マイコンの周辺 デバイスの開発や動作確認がスムーズに行えます。
  • 入出力デバイスとして、4×4 キーマトリクス、ポテンショメーター入力、温度センサ、液晶表示器、ブザー、RS232C インターフェイスモジュール、DCモータコントロールモジュール、拡張インターフェイスを内蔵しています。
  • USB接続で容易にフラッシュメモリの書換えが可能です。(専用ライター不要、セルフライブラリ不要)
  • USB接続でオンチップ・ディバッグを実現しています。
  • 統合開発環境(PM +)により、コンパイラ、ディバッガなどの開発ツールと連携して効率的な開発を実現します。
  • 基板サイズ W110xH160mm

構成例

TK-78K0R/KG3評価ボードと応用ボードを接続して使用します。

構成例

仕様

製品名 EXP-78K0RKG3
使用評価ボード TK-78K0R/KG3
入出力デバイス 4×4 キーマトリクス、ポテンショメーター入力、温度センサ、液晶表示器、ブザー、
RS232C インターフェイスモジュール、DCモータコントロールモジュール (評価ボード上 プッシュSW、7seg-LED)
評価ボード上
インターフェイス
電源供給端子 (DCジャック実装済み)
USB(ミニBコネクタ)
周辺ボードコネクタ50pin ソケット X 2 (応用ボードとの接続に使用、コネクタ実装済み)
対応
機種
ホストマシン USBインタフェース付DOS/V機
OS Windows 2000/XP
供給電圧 12V
本体寸法 W160 X H110 (mm)
付属品 TK-Expansion Board (本体)
評価ボード (TK-78K0R/KG3)
DCモーター
ACアダプタ
開発ツール,マニュアル,サンプルプログラム(CD-ROM)
「visualSTATE」無料評価版CD
USBケーブル(ミニB←→A)

ハードウェア解説

TK-Expansion Board 各デバイスと、動作時の例

ハードウェア解説

ホストPCとUSB接続することで、フラッシュメモリの書き換えやデバッグ動作などのソフト開発がスムースに行えます。

ソフトウェア解説

  • TK-Expansion Boardにはボード上の入出力デバイスを使用したサンプルプログラムが付属しています。付属サンプルプログラムは以下のような動作をします。
    • 経過時間のLCD表示
    • 温度データのLCD表示
    • キーマトリクス入力のLCD表示とブザー動作
    • CdSセンサ入力の電圧LCD表示
    • ポテンショメーター入力電圧によるDCモータコントロールと電圧LCD表示
  • EXP-78K0RKG3には評価ボード(TK-78K0R/KG3)に付属している開発ツールと同様のツールが付属しています。
開発ツール一覧

デバイス・ファイル DF781188

デバイス固有の情報は、デバイス・ファイルに入っているため、開発ツールを使用するには、デバイス・ファイルが必要となります。


統合開発環境 PM + V6.30

Windows上での統合開発環境プラットホームです。 
搭載し、コンパイラ、ディバッガなどの開発ツールと連携して効率的な開発が行えます。

統合開発環境 PM + V6.30メイン画面
PM + メイン画面


Cコンパイラ CC78K0R (サイズ限定版)

78K0Rシリーズ用の「オブジェクト・サイズ限定(64KByte)」コンパイラです。 78K0Rシリーズ用言語、またはANSI-C準拠の言語で書かれたソース・プログラムを機械語に翻訳するプログラムです。 C言語で書かれたソース・プログラムを入力し、78K0Rシリーズ用アセンブラの入力となるソース・プログラムと、リンカの入力となるオブジェクト・プログラムを出力します。


アセンブラ RA78K0R (サイズ限定版)

78K0Rシリーズ用の「オブジェクト・サイズ限定(64KByte)」アセンブラです。 78K0Rシリーズ用アセンブリ言語で書かれたソース・プログラムを入力し、機械語のオブジェクト・プログラムを出力する一連のプログラムの総称です。出力したオブジェクト・プログラムは、フラッシュ・プログラマや、ディバッガの入力となります。


78K0R統合ディバッガ 78K0R-TK

ホストPC上で動作するWindowsベースのソフトウエアです。Cソース・レベルでのディバグを実現する統合ディバッガです。 変数の参照・変更やソース行単位でのステップ実行など、ソース・ディバグを簡単かつ効率的に行うことができます。

V850統合デバッガ 78K0R-TK画面
ディバッガ メイン画面

ページ先頭へ